おすすめアイテム

【酵素洗顔でニキビ予防】気を付けないと刺激になる?取り入れ方とおすすめ商品3選

ニキビがあると洗顔にも悩みませんか?毛穴のつまりはニキビの原因にもなるので、できれば毛穴や角質をしっかり落としてくれる洗顔がいいけど、ニキビがあると刺激が強すぎる洗顔料は避けたいです。

そこでおすすめなのが酵素洗顔。ニキビに悩み続ける私ですが、適度に取り入れることでニキビの予防やニキビ跡の改善にも役立っていると実感しています。

この記事は…

☑ニキビ肌だけど毛穴や角質ケアをしたい

☑ニキビを予防するために洗顔を見直したい

☑ニキビ肌でも酵素洗顔が使えるか知りたい

☑ニキビ肌でも使える酵素洗顔の商品が知りたい

という方にオススメです。

酵素洗顔って何?

毛穴に詰まっている、古くなったたんぱく質や皮脂、角質などは、普段の洗顔だけではなかなか落としきれません。落とそうと思って頻繁に洗顔をしていたり、無理やりゴシゴシ…とすると、かえって肌を傷つけたり、乾燥の原因になることも。

酵素洗顔は、その名の通り「酵素」の力を使って毛穴汚れや古い角質を除去する洗顔です。酵素には、たんぱく質や皮脂を分解する効果があるため、ごしごしこすらなくても蓄積された汚れをきれいに洗い流してくれるというもの。

酵素洗顔の泡は、商品によって差はありますが、通常の洗顔よりも泡がきめ細やかで柔らかく、ふわふわしているのが特徴。肌に乗せて円を描くように洗うだけでいいので、肌への負担が最小限で、洗い上りはツルツルとしています。

酵素洗顔の使い方

①酵素洗顔のほとんどの商品は粉状となっています。濡らした泡立てネットなどを使って、こぼさないように泡立てます。よく泡立てた方がきめ細やかでフワフワの泡になり、気持ちがいいです。

②泡を顔に乗せて、円を描くように撫でます。ゴシゴシこすると肌に負担がかかるので、肌には直接触れず、泡で撫でるように洗うのがポイント。

③水かぬるま湯の流水でしっかり洗い流します。酵素洗顔は泡の切れもいいですよ。清潔なタオルで抑えるように水分をふき取りましょう。

酵素洗顔がニキビ肌におすすめの理由

酵素は通常の洗顔よりは多少刺激があるものの、用法を守ればニキビ肌でも使えます。むしろ、毛穴に詰まった角質を優しく分解してくれるし、毛穴つまりを防ぐことでニキビの予防にもなるので、定期的に使うことをお勧めします。

ニキビ跡にのケアとしては、古い角質を取り除いてターンオーバーを促すことが効果的だとも言われています。

スクラブ洗顔だと角質はしっかり落とせますが、ニキビや肌への負担が心配。でも酵素なら、肌に直接手が触れなくても、柔らかい泡でくるくる円を書くように洗ってあげればOKなので、ニキビ跡に悩む人の角質ケアにもってこいの洗顔方法です。

ニキビ肌が酵素洗顔を使う時の注意点

肌に優しい酵素洗顔ですが、角質を落とすということは、多少なりは肌に刺激のあるものです。ニキビ肌の人が使う時には気を付けたいポイントがいくつかるので、押さえておいてください。

炎症がひどいときは使わない

赤ニキビが膿んでいるような状態の肌には、酵素洗顔とはいえ負担がかかります。通常の洗顔でも負担がかかるので、できれば水で洗い流すだけにするか、ニキビの部分には泡がつかないように洗い、炎症が完全に収まってから使ってください。

洗いすぎに注意

酵素洗顔の泡って、ふわふわモコモコでつい顔に乗せていたくなっちゃうんです。それに、長く乗せていた方がしっかり毛穴の汚れも落ちそうですよね。

でも、洗いすぎはNG!酵素の力は、正常な肌の水分まで奪ってしまいます。

酵素洗顔は適度に泡でなでたら、すぐに流すこと。それだけでも肌はツルツルします。汚れが気になる場合は、1回の洗顔でしっかり洗うより、定期的に根気よく使っていくことを心がけてみてください。

使用は週1~2回

酵素洗顔は洗浄力が強いため、頻繁に使っていると、必要な皮脂や角質まで洗い流してしまい、かえって乾燥したり肌に負担をかけてしまう原因に。洗いすぎで肌のターンオーバーが乱れてしまうと、肌を傷つけたり、ニキビの原因にもなってしまいます。

酵素洗顔の使用は週1~2回くらいが、ちょうどいい回数です。

洗顔後の保湿は念入りに

古い角質や毛穴のつまりが改善された肌は、乾燥しやすくなっています。また、毛穴もきれいになっていますが開いた状態に。洗顔後の保湿は念入りに行ってください。毛穴が気になる場合は、収れん作用があるニキビ化粧水を使ってしっかり引きしめてもいいかと思います。

ニキビに悩む私が厳選!オススメ酵素洗顔3選

酵素洗顔はいろんなメーカーから販売されています。酵素洗顔の洗い心地にはまっていたので、私もいろんな商品を試しましたが、メーカーによって特徴や使い心地は結構違ってきます。

私は肌の状態や気分に合わせて使い分けていますが、中でもニキビに悩む人や肌が敏感な人におすすめしたい酵素洗顔を、3つピックアップしてみたので、ぜひ参考に選んでみてください。

3位:ファンケル ディープクリア洗顔パウダー

コスメ賞を多数授与している酵素洗顔。ファンケルといえばクレンジングなんかが根強い人気があるイメージですが、酵素洗顔も肌に優しくゴッソリ毛穴をきれいにしたい人におすすめです。

ファンケルの酵素洗顔には、酵素の他に「炭」と「泥」の成分が配合されています。そのため、酵素の粉は黒っぽい状態。

泡立ててみると、少し灰色がかっています。(わかりにくいですが…)

酵素洗顔はさらっとした軽い泡の商品が多いのですが、ファンケルのディープクリア洗顔パウダーはねっとりした感じの泡となっていて、多少弾力があります。

特に毛穴の汚れが気になっていたり、しっかり汚れを落とし切りたいという時におすすめです。

なお、ファンケルの酵素洗顔はファンケルのショップ、ドラッグストアの他にも、コンビニでも買えます!何より、通常30個入りの商品の他に、10個入りの商品の取り扱いがあるのが嬉しい!10個だけだったら肌に合うかどうか、お試しで使いやすいですよね。

ファンケルの酵素洗顔は、1日1回までなら毎日の使用もOKとのこと。ただし、洗顔後は他の商品に比べて肌の乾燥が早い気もしています。私の感覚ですが。といっても肌はツルツルしているし、一般的な洗顔料の肌のツッパリというほど気になるわけでもありません。あくまで他の商品に比べて、ということですので、洗顔後の保湿をしっかり行えれば問題ないかと思います。

2位:オバジC 酵素洗顔パウダー

ビタミンCコスメとしてのイメージが高いオバジですが、酵素洗顔にまで整肌保湿成分のあるビタミンCが配合されているのには驚き。他のメーカーでは汚れを落とすことに着目している商品が多いので、成分にこだわりたい方には良いと思います。値段的にも特に高いということもなく、試しやすいです。

一般的な酵素洗顔の白い粉状で、泡立てるとモコモコ柔らかくきめ細やかな泡が出来上がります。

洗い上りもさっぱりで、1回の使用だけでも実感できるくらいツルツル。洗いすぎている感じもなく、肌に負担をかけすぎない使用感がかなりお気に入り。

ビタミンC配合とのことで、そのためかもしれませんが肌が荒れている時に使いやすいと実感しています。

例えば、肌が荒れすぎて角質が乱れ、ニキビが出来そう!って時。普通の洗顔でも負担に感じてしまうような状態になることがあるのですが、そういった時はオバジCの酵素洗顔パウダーを使っています。

余分な角質だけ落とし、肌に負担なくツルっと落としてくれて、その後のニキビ用化粧水の入りが良くなるためか、使った方が肌が安定する気がします。(あくまで私の使用感なので、人によって差があると思います。)

1位:suisai ビューティークリア パウダーウォッシュN

カネボウから販売されている「suisai」シリーズの酵素洗顔。酵素やアミノ酸洗浄成分で毛穴の汚れや角質を優しく洗い流します。

洗浄成分が強いという感じはないですが、それでも1回の使用で肌がツルツルになります。定期的にしっかり続けることで、肌の状態が改善されていくのを実感。

白い粉で、かなり柔らかくきめ細かい泡。他のメーカーに比べると弾力は劣るかな?と感じますが、とにかく肌に負担をかけず、優しく洗ってくれる洗顔料です。

安定して継続して使いやすいという点でも、初めて酵素洗顔を試そうと思っている方にぜひともおすすめの商品です。

YUKI
YUKI
私は定期的に使っているのはsuisaiの酵素洗顔で、毛穴の汚れをゴッソリ落としたい時にはファンケル、肌が不安定な時のレスキュー的な役割として、オバジを使うようにしています

まとめ

肌への負担は最小限に、しっかり毛穴や古い角質汚れを落としてくれる酵素洗顔ですが、メーカーによっては刺激が多少強いと感じるものもあります。

どのメーカーも汚れはしっかり落としてくれると感じるので、ニキビ肌に悩んでいる方は、多少高額になっても肌に負担の少ないものを継続して続けていくのが良いかと思います。

その点では、私がおすすめの3つの商品は取り入れやすいと思います。酵素洗顔を取り入れて、ニキビ予防に役立ててみてくださいね。

ニキビ肌のための正しい洗顔方法を伝授!普通の洗顔と違うポイントは?ニキビには正しい洗顔方法があるって知ってた? ニキビ肌に悩んでいる方は、自分の肌に合った洗顔料をいろいろ試しているかと思います。しかし...
テアテ化粧水を2年間使い続けてニキビは治った!?ニキビ跡へのアプローチは?薬院オーガニック株式会社から販売されている「テアテ」という化粧水。ニキビに効果があると言われているのですが、ネット上ではあまり口コミをみ...
ABOUT ME
yuki
yuki
32歳、2児の母。ニキビは16歳のころからひどくなり始め、19~24歳の5年間がピークにひどい状態でした。皮膚科に通っても直らなかった私が、職場のトップに「肌がきれいになった」と認められ、結婚式の時に行ったブライダルエステでは「肌の状態がとてもいいからエステなんていらないよ」と褒めてもらえるまでに改善しました。しかし、今でも不規則な生活や食事内容、季節性の乾燥によってすぐにニキビができてしまうため、ニキビとの戦いは続いています。私のようにニキビに悩んでいる方へ、有益な情報を提供できたらうれしいです。