保湿重視でニキビ予防

化粧水前の導入液は乾燥肌が原因のニキビさんにオススメ!選び方のポイントを押さえて使ってみよう

年齢を重ねた現在、私の大人ニキビの原因の1つが「乾燥ニキビ」です。肌がカサカサしてくるとすぐにニキビができてしまうため、保湿だけは十分に心がけています。

しかし、しっかりを保湿しようと思って化粧水を懸命にパッティングしていても、なんだか物足りないこともありますよね。

そんな方は「化粧水の導入液」(ブースター液)を取り入れてみませんか?

この記事は…

☑乾燥ニキビだけど肌の徹底保湿がしたい
☑ニキビ用の化粧水をしっかり肌に届けたい
☑導入液が気になる!

という方にオススメです。

毎日の積み重ねが必要なスキンケアとは違い、導入液は初めて使う時からでもわりと効果を実感できます。気になる方はチェックしていきましょう!

導入液(ブースター液)ってどんなもの?

化粧水の前に使うプレ化粧水のこと。洗顔後に肌に馴染ませることで、その後に使う化粧水の浸透が良くなります。化粧水の入りを良くするために肌の土台を整えてくれる効果のあるものや、古い角質をふき取ってくれるものなど、導入液によって違いもあります。

☑導入液タイプ

見た目やテクスチャは、さっぱりしているタイプやトロっとした乳液のようなタイプ。中には炭酸を用いてより肌への浸透率をアップさせてくれるものや、簡単に使えるミストタイプの導入液もあります。

商品によっても使用感には違いがあり、導入液自体が肌にグングン浸透するものもあれば、仕上がりがかなりしっとりしているのにさらに化粧水の浸透がアップする使用感のものもあります。好みで選んでみてくださいね。

☑ふき取りタイプ

コットンに馴染ませてふき取るように使うことで、古い角質をオフしてくれるタイプ。スキンケアの浸透はよくなりますが、ニキビ肌の場合は刺激にならないか注意が必要です。

☑オイルタイプ

皮脂の多いニキビにオイルタイプは負担になりそうなイメージですが、化粧水前に使うことで浸透率がアップするし、オイルとの相乗効果で仕上がりがモッチリ&しっとりに。ニキビの炎症を抑えてくれるタイプのオイルもあります。

ニキビ肌の人が導入液を選ぶときのポイント

ニキビ肌の場合、肌に合わないスキンケアを選んでしまうと、ニキビ悪化の原因になりかねません。ポイントを押さえて、慎重に選びましょう。

☑肌の調子が良い時に試す

初めて使う場合は、生理前など肌が不安定な時期はさけ、肌の調子が良い時に試してみてください。その方が、肌への浸透率の違いも実感できると思いますよ。

☑ライン使いしているもの

導入液は、ライン使いした方がより効果が期待できます。普段使っているスキンケアで導入液の取り扱いがあったら、まずはそちらから試してみるのがオススメです。

☑肌に刺激にならなそうなもの

肌の刺激にならない化粧水や乳液のようなテクスチャから初めてみるのがいいです。できれば店頭で商品を試してみてください。手に付けて見るだけでも違いが分かると思います。
拭き取り化粧水を使ってみたい場合は、くれぐれもニキビがない時に試してみるようにしてください。

☑続けやすい値段

肌にあっている導入液が見つかったら、できれば毎日継続したいですよね。いつものスキンケアにプラスして使うものになるため、お財布事情も考慮して選んだ方がいいです。

高い導入液はそれだけ効果が期待できるかも!?しかし、金銭的に負担にならないような商品を見つけられたら理想です。

ニキビ肌でも使いやすい!オススメ導入液6選

以上を考慮して、ニキビの方でも使いやすい導入液の商品をいくつかピックアップしてみました。実際にニキビに悩み続けている私が愛用している商品もあるので、参考にしてみてくださいね。

オルビス 薬用スキンアクティブセラム

オルビスから販売されている導入液は、なんとニキビなどのトラブルや角質ケアに使える導入液(薬用先行型美容液9。オルビスのスキンケアラインである「クリアシリーズ」と合わせて使うのがオススメ。

【口コミレビュー】オルビスクリアシリーズを10年愛用!ニキビ肌にオススメできる理由ニキビでお悩みの方はオルビスのスキンケアライン「クリアシリーズ」の名前は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? ...

化粧水のようなテクスチャで、肌が荒れている時でも使いやすいです。

化粧水の入りが全然違ってきますよ。もちろん、オルビス以外の化粧水を使っている方にもオススメです。

なおオルビスでは、商品を購入するとサンプルが貰えます。肌に合うか不安とか、効果があるのか試したいという場合、まずはサンプルを使ってみるといいと思います。

ソフィーナIP ベースケアエッセンス

マイクロ炭酸泡がフワフワトロトロで、肌にじゅわっと浸透。土台を整え化粧水の入りがグンと良くなる導入液です。

泡状の乳液のようなテクスチャーで、使用後も美容液が肌に残るのですが、化粧水と一緒にパッティングすると潤い感がすごいです。肌が不安定でニキビができるという方にオススメです。

エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス導入美容液

バチバチ音がするような炭酸泡のタイプの導入液。肌が疲れている時に使うとスッキリします。付けた後はツルツルで潤う肌に、肌の角質まで化粧水を浸透させてくれるので、使った時と使わない時の違いが実感できる導入液です。

無印良品 導入美容液

岩手県釜石の天然水を使用、複数の美容液も配合している導入液です。化粧水のようなテクスチャで香りもなく、値段も手ごろ。まずは導入液を使ってみたいという方でも取り入れやすい1本です。

商品詳細はコチラ

コスメデコルテ モイスチュア リポソーム

直径0.1ミクロンのリン脂質のカプセルが角層深くまで浸透。肌がしっかり潤い、キメを整えてくれる導入液です。値段が気になるものの、乾燥がニキビの原因で肌の質を変えたいという方は、試してみたい1本です。

ホホバオイル

ニキビ肌だと取り入れにくいオイル系の美容液ですが、ホホバオイルは殺菌作用や反バクテリア作用があるため、ニキビがあっても使いやすい美容オイルです。さらにビタミンが豊富で抗酸化作用もあります。

少量手に取って、肌に軽く馴染ませるように使ってみましょう。その後の化粧水の入りがグンとよくなるし、一通りスキンケアを終えた肌がモチモチとしているのを実感できます。

ホホバオイルを扱うメーカーは数多くありますが、私が愛用しているのは生活の木で取り扱っているホホバオイルです。

スキンケアに導入液を取り入れてみよう

私も導入液を使い始めてから、化粧水の入りが格段に良くなったと実感しています。ニキビ肌だと肌に合う導入液を見つけるのが大変かもしれませんが、使ってみたら肌の質が安定するかも!?

よかったら取り入れてみてくださいね。

ABOUT ME
yuki
yuki
32歳、2児の母。ニキビは16歳のころからひどくなり始め、19~24歳の5年間がピークにひどい状態でした。皮膚科に通っても直らなかった私が、職場のトップに「肌がきれいになった」と認められ、結婚式の時に行ったブライダルエステでは「肌の状態がとてもいいからエステなんていらないよ」と褒めてもらえるまでに改善しました。しかし、今でも不規則な生活や食事内容、季節性の乾燥によってすぐにニキビができてしまうため、ニキビとの戦いは続いています。私のようにニキビに悩んでいる方へ、有益な情報を提供できたらうれしいです。