ニキビを防ぐ

日焼けレスキュー!!ニキビが悪化するまでに行いたい適切なアフターケアを教えて!

暑い日が続いていますね。レジャーシーズンも本格化している時期ですが、日焼け対策はしっかり行っていますか?

日焼けはニキビの原因になってしまうことがあるため、レジャーはもちろんちょっとした買い物でも外を歩く時間があるなら、日焼け対策はしっかり行っておきたいところです。

でも…うっかり日焼けをしちゃったら!?ニキビができてしまう前に、すぐにでも肌のケアを徹底してください!!

この記事は…

☑うっかり日焼けをしてしまった!

☑日焼けによるニキビをなるべく防ぎたい

☑日焼けでニキビができてしまったけどなるべく早く治したい

という方にオススメです。

日焼けでニキビができてしまうのはなぜ?

日焼けをすると肌がこんがりと黒くなり一見健康的に見えるのですが、肌は大ダメージを受けているため、ニキビができる原因となる場合があります。

紫外線の刺激

紫外線によって肌がダメージを受けてしまうと、肌のバリア機能が低下して水分が蒸散してしまうので、乾燥肌の原因に肌のキメが乱れるので、肌荒れを起こしてニキビの原因になります。

また紫外線で肌がダメージを繰り返し受けてしまうと、肌はダメージの侵入を防ごうとして角質層が厚くなっていきます(角質肥厚の状態。)肌のターンオーバーが乱れて古い角質が貯まりやすくなり、毛穴がつまることでニキビが発生してしまうのです。

皮脂が原因

角質肥厚の状態になった肌は、皮脂が上手く排出されず毛穴に詰まってしまいます紫外線を浴びた皮脂が酸化して肌を刺激してしまうのも、日焼けによるニキビの原因の1つと言えます。

日焼け止めが原因

紫外線から肌を守るため、夏場のお出かけには欠かせない日焼け止めなのですが、刺激が強い日焼け止め、伸びが悪く肌に摩擦をおこしてしまう日焼け止め、自分の肌に合っていない日焼け止めなどを使うと、肌に負担をかけてしまいニキビの原因となることも。

汗をかくことで日焼け止めが流れてしまったり、汗と混ざった日焼け止めが肌の刺激になるということもあります。

しっかり肌に密着するタイプの日焼け止めを使った場合、洗い残しがあると毛穴のつまりの原因になってニキビができてしまうことも。

ニキビを防ぐためには、日焼け止め選びも重要です。

ニキビ肌の人が日焼け止めを選ぶときのポイントは?いくつもの商品を試した私が選ぶ日焼け止め3選肌が敏感でニキビができていると、日焼け止めですら刺激になってニキビを悪化させてしまうことってないですか?紫外線はニキビの悪化や原因になる...

もし日焼けしちゃったら?すぐに行いたいアフターケア

気を付けていても日焼けをしてしまった場合、ニキビができないよう、またはできてしまったニキビが悪化しないようなアフターケアが重要になります。

ケアはなるべく早く行った方がいいので、お家に帰ったらすぐにでも実践してください。

アフターケア①:冷やす

ピリピリと痛みを伴うような日焼けは、軽いやけどのような症状。まずは熱を持った肌を冷やすことが大切です。冷えたタオルや保冷剤で肌をしっかり冷やしましょう。

お出かけ先の場合は、販売機などで購入したジュースを利用するのもオススメ。とにかく早く冷やし、日焼けの炎症を落ち着かせましょう。

いつものスキンケアを行う時は、フェイスマスクや化粧水を冷蔵庫で冷やしてから使うといいですよ。

アフターケア②:フェイスマスク

日焼けした肌は乾燥しているので、保湿力が高いフェイスマスクでしっかり潤いをチャージしましょう。

また、日焼け専用のフェイスマスクがあるので、そちらを使ってしっかりケアするのもおススメです。

アフターケア③:徹底的に保湿

フェイスマスクともちょっと内容は被るのですが、日焼けで乾燥した肌にはいつも以上の保湿を心掛けますフェイスマスクを使ったり、化粧水や乳液、クリームなどのスキンケアは、いつも以上にたっぷり念入りに使ってみてください。

フェイスマスクが刺激になりそうと感じるのなら、いつも使っている化粧水をコットンにたっぷりしみこませて肌に張り付ける、コットンパックを行うといいですよ。

アフターケア④:痛みがひどい場合は無理しない

日焼けした幹部を冷やしても痛みが引かない程の場合は、フェイスマスクや化粧水が逆に刺激になってニキビができてしまうこともあります。

使ってみた時に肌がピリピリ痛むようなら、すぐに使用を中止しましょう。

痛む時は、保湿スプレーをこまめに使って幹部を冷やしながら保湿をするように心がけてみるか、敏感肌用の化粧水を使って刺激を最小限にしてみてください。

※ただし使い慣れていないスキンケアをいきなり行うと、刺激になってしまうこともあります。肌の様子を見ながら慎重に使ってみてください。

アフターケア⑤:ビタミンの摂取

抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンA、ビタミンEなどを積極的に摂取して、体の内側からもしっかりケアしていきましょう。サプリメントを利用したり、ニキビができてしまった場合はニキビに効くお薬に頼るのも方法です。

また、肌の外側からビタミンCをしっかりチャージして、潤いを与えるケアを行うのもいいですよ。

雑誌などでも特集が組まれるこの多いObaji(オバジ)の美容液。肌の調子が悪い時にオススメです。

アフターケア⑥:生活習慣を整える

普段は夜更かししたりつい偏食してしまうという方も、日焼けをしてしまった後は生活習慣をしっかり見直して、肌の改善に努めましょう。

睡眠…質の良い睡眠をとることで、成長ホルモンを分泌。新陳代謝を促してくれます。特に肌のゴールデンタイムと言われる午後10時~午前2時はしっかり眠っておきたいです。

食事…栄養バランスのとれた食事を心がけてください。ビタミン類を意識して摂ってみましょう。

アフターケア⑦:日焼けの対策を万全に

日焼けしてしまった肌にさらに紫外線を浴びさせないために、しばらくの間は日焼け対策をこれまで以上にしっかり行うようにしてください。

肌の状態をみて大丈夫そうなら日焼け止めを使うこと、日焼けがひどくて使えなそうでもつばの大きい帽子をしっかり被ること、日傘を持ち歩くことなどを徹底しましょう。

アフターケアで他にも気を付けたいこと:スキンケアを美白ラインのものにチェンジ

肌の状態が落ち着いてきたら、紫外線によって蓄積されたメラニンの排出を促すため、美白ラインのスキンケアを行うのがオススメ。

ただし、ニキビができそうだったりニキビがすでにできてしまった場合、美白ラインのスキンケアにチェンジすると悪化してしまう恐れもあるため注意が必要です。

ニキビに悩んでいる人の場合、肌の様子を見ながら慎重に取り入れてみてくださいね。

日焼けをしたら早めにアフターケアを!

私は紫外線を浴びるとあっという間にニキビができる体質なので、日焼けをしないよう予防には気を付けています。でも、お出かけするとどうしても紫外線を浴びる時間が増えてしまう…日焼けの対策はしっかり行ってるつもりでも、ヒヤッとしてしまうこともあります。

もし日焼けをしてしまったら

☑とにかく冷やすこと

☑保湿を徹底して行うこと(ただし、肌に負担をかけないよう)

☑生活習慣を見直すこと

が重要です。もしもの時は実践してみてくださいね。

ABOUT ME
yuki
yuki
32歳、2児の母。ニキビは16歳のころからひどくなり始め、19~24歳の5年間がピークにひどい状態でした。皮膚科に通っても直らなかった私が、職場のトップに「肌がきれいになった」と認められ、結婚式の時に行ったブライダルエステでは「肌の状態がとてもいいからエステなんていらないよ」と褒めてもらえるまでに改善しました。しかし、今でも不規則な生活や食事内容、季節性の乾燥によってすぐにニキビができてしまうため、ニキビとの戦いは続いています。私のようにニキビに悩んでいる方へ、有益な情報を提供できたらうれしいです。